<   2011年 06月 ( 5 )   > この月の画像一覧


2011年 06月 27日

感激の初対面の旅 Ⅲ(小田代ヶ原の貴婦人~戦場ヶ原のワタスゲ)

6月20日早朝3時出発の準備完了、懐中電灯片手に小田代ヶ原に向けて出発。月明かりは少しあるが未だ暗い山道、高低差は余りないがちょっと怖い感じもする。歩き始めて約40分位で小田代ヶ原の貴婦人に対面する木道に到着。辺りは少し明るくなりはじめていた。直ぐにカメラの準備をはじめたが、辺りには我らの他には平日と言う事もあり2人しかいなかった。到着時点では余り寒くなかった。朝霧の中にほんのりと見えている貴婦人さん、直ぐに写真を撮り始めた。5時位から霧が濃くなり殆ど遠景が見えなくなり寒さが身にしみてきた。ここで朝食にすることにし、nama3さんが持ってきていたバーナーと鍋でお湯を沸かしカップラーメンを食べたがその美味しかったこと、お腹が空いていたのは確かだが冷えてきた体に、熱い食べ物は何よりのご馳走であった。5時20分頃には朝焼けも殆ど終わり、辺りもすっかり明るくなり始めた。墨絵のような世界から段々と明るくなってきた。6時20分位にはこの場所での撮影を終わり小田代ヶ原を抜けて戦場ヶ原に向け歩き始めた。戦場ヶ原に入って一休みお湯を沸かしてコーヒーを頂きながらおやつをたべた。二人の撮り方の違いでお互いを待ちながら、最後の目的ワタスゲに出逢って戦場ヶ原を抜けた。車に戻ったのが11時15分出発の準備をして沼田方面に向け出発。吹割れの滝で昼食をたべ、滝を見終えて車に乗った13時30分で今回の旅行解散、各自が自分のペースで自宅に向けて帰ることにした。ノンストップで15時に帰宅。

素晴らしい旅ができました。nama3さん有難うございました。 



a0110794_295478.jpg

E-5 35-100mm / f2.0  到着後すぐ3:58日の出が始まりかけいる 貴婦人がぼんやり見える

a0110794_2101593.jpg

E-5 7-14mm / f4.0  此の辺りからピークに近い4:13

a0110794_210302.jpg

E-5 7-14mm / f4.0  此の辺りまでがピーク4:16

a0110794_210417.jpg

E-5 7-14mm / f4.0  この後霧が深くなり貴婦人見えなくなる 4:25
                 次に見え始めるまでに朝食を食べた  
 
a0110794_2105778.jpg

E-5 35-100mm / f2.0  一度霧が多くなり見えなくなった後見え始め5:36

a0110794_2111517.jpg

E-5 35-100mm / f2.0×EC-20  移動し始めて別角度からの貴婦人全景  

a0110794_2151310.jpg

E-5 35-100mm / f2.0  木道に座って撮り始めると動いてくれない 

a0110794_34293.jpg

E-5 35-100mm / f2.0  貴婦人の裏側に近い場所で白樺の群生  

a0110794_2154860.jpg

E-5 35-100mm / f2.0  桜の花に似たズミ(酢実)の花が満開で、良い香りがしていました  

a0110794_215567.jpg

E-5 35-100mm / f2.0  戦場ヶ原の川は釣り人が  

a0110794_216874.jpg

E-5 7-14mm / f4.0  立ち枯れの木とそれを描いている人    

a0110794_218894.jpg

E-5 35-100mm / f2.0  ワタスゲ

a0110794_2181558.jpg

E-5 35-100mm / f2.0  ヒメハルゼミのようです

a0110794_218266.jpg

E-5 35-100mm / f2.0  ワタスゲの群生木の葉の間から
[PR]

by ina-someya | 2011-06-27 03:40 | Comments(14)
2011年 06月 23日

感激の初対面の旅 Ⅱ(含満ヶ淵の並び地蔵~日光山輪王寺 宝物殿・逍遥園)

6月19日10時少し過ぎには、含満ヶ淵の並び地蔵近くの駐車場に車を停めて.歩き始めた。歩くこと約10分で慈雲寺到着、山門をくぐると小さなお堂があり、その先に20体程のお地蔵さまが並んでいらっしゃる。NHKのテレビで見たときの姿とも少し違う、nama3さん 間違っているのかな? とも思いながらも川沿いを歩くが、お地蔵さまはぱらぱらとしかいらっしゃらない。川が深くなり淵をなすところが現れた。 その淵を写真に撮りさらに進んで納得!!! その先にテレビで見たのと同じ並びで居らっしゃいました、やっとお会いすることが出来大感激しました。(nama3さん疑ってごめんなさい。)そこがお地蔵さまの一番最後なのでもとに戻りました。お昼の時間になったので、駐車場近くの軽食店で湯葉とそばのセットをいただきました。12時には日光の町に向かって歩きながら撮影を始め、またまた珍道中になりながらも日光山輪王寺に到着、残念ながら輪王寺は改装中でシートに囲われて何も見えませんでした。残念でしたが、向かいの宝物殿と逍遥園と言うお庭の見学をしました。見学を終え神橋方面に下りこれを撮影し川沿いに駐車場までさかのぼった。駐車場には15時を回ってたどりついた。ここで本日の撮影は中止し、日帰りの湯「やしおの湯」日光市営のお風呂でもちろん温泉でした。お風呂の後、近くのコンビニで夕食とビールそれに明日の朝ごはんのパンやカップヌードルを買い込み、戦場ヶ原赤沼茶屋駐車場で夕食+ビール その後車中泊。


a0110794_2119226.jpg

E-5 7-14mm / f4.0 お地蔵様20人あれー少ないなー
 
a0110794_21191354.jpg

E-5 7-14mm / f4.0 お地蔵様すっかり苔むして

a0110794_21192149.jpg

E-5 14-35mm / f2.0 含満ヶ淵  

a0110794_21193149.jpg

E-5 14-35mm / f2.0 いらっしゃいましたこれです! これが見たかったお地蔵様です!

a0110794_212084.jpg

E-5 14-35mm / f2.0 反対側からも一枚 

a0110794_21203152.jpg

E-5 14-35mm / f2.0 若そうなお二人も・・・・・

a0110794_21204532.jpg

E-5 14-35mm / f2.0 お昼に頂いた湯葉蕎麦セットです

a0110794_21205569.jpg

E-5 OM90mmマクロ / f2.0×EX-25 マクロ撮り対抗してみましたが下手ですね

a0110794_2121870.jpg

E-5 14-35mm / f2.0 近くのお寺さんで

a0110794_21214331.jpg

E-5 14-35mm / f2.0 輪王寺向かいの逍遥園

a0110794_21215514.jpg

E-5 14-35mm / f2.0 逍遥園苔の模様が着物の柄のように見えました

a0110794_2122315.jpg

E-5 35-100mm / f2.0×EC-20 真っ赤な楓の実
[PR]

by ina-someya | 2011-06-23 22:03 | Comments(10)
2011年 06月 22日

感激の初対面の旅 Ⅰ (日光杉並木まで)

今回の写真旅行はnama3さんが5月に記事に上げていた場所≪含満ヶ淵(かんまんがふち)の並び地蔵≫が、日光方面で私の是非とも行きたかった場所だったことを、nama3さんに話したことに端を発し計画されました。含満ヶ淵の並び地蔵の場所が分かり難い事と、小田代ヶ原の貴婦人さんに合わせてくれるという二つの事を柱に、コースと日程をnama3さんが考えて下さいました。

日程概略  

1日目 日光周辺散策
①日光杉並木散策
②含満ヶ淵の並び地蔵
③日光山輪王寺 宝物殿・逍遥園(当日計画)
④日帰り入浴後コンビニで夕食を購入し奥日光に車で移動
⑤赤沼茶屋駐車場で夕食+ビール その後車中泊
      
2日目 奥日光散策
①午前3時起床、小田代ヶ原まで歩く
②小田代ヶ原(夜明けを待ち、貴婦人との対面)
③戦場ヶ原散策
④沼田方面に回り吹割の滝(当日計画)
⑤ここで解散し各自家に向かう

二日間を効率よく利用するために、6月19日は早朝2時起床3時出発、待ち合わせ場所の日光有料道路 日光口パーキングに5時30分には到着、待ち合わせ時間には十分余裕があった。コーヒーを飲みながら回りを見ていると、黄色の花が咲いている日光キスゲの様だ、これを写真に撮りながらパーキングからの出口を捜索した。
車に戻りゆっくりと休みながら、テレビを見ていると7時前にnama3さん到着、直ぐにニッコウキスゲに気付き撮影。7時30分にはパーキングを出てスギ並木に向かった。案内では10分ぐらいの道のりを、マクロの目を持つnama3さんと標準ワイドの目を持つ伊奈やっちゃんの珍道中、途中でいろいろ引っ掛かりながら40~50分掛けてやっとスギ並木に到着。スギ並木は地元の車以外通行しないようになっている。 スギ並木沿いの農家には、農業用?の水路が並木沿いから引き込まれ、また戻るような水路も設けられていた。並木沿いに散策しながら写真を撮りました。9時40分頃にはパーキングに戻って来ました。


a0110794_4364519.jpg

E-5 14-35mm / f2.0   昨日までの雨にぬれたニッコウキスゲ
 
a0110794_4365614.jpg

E-5 OM90mmマクロ / f2.0  マクロで雫を見てみました

a0110794_437650.jpg

E-5 14-35mm / f2.0   タンポポのお花こんなに伸びて  

a0110794_4371720.jpg

E-5 14-35mm / f2.0  ドウダンツツジの上に巣を構えた蜘蛛さん。良く見て居ます。

a0110794_4372942.jpg

E-5 14-35mm / f2.0  農家の庭の洗濯物と赤い鳥居は・・・・・

a0110794_4373839.jpg

E-5 14-35mm / f2.0  このまま手ですくって飲めそうな綺麗な水でした

a0110794_4375285.jpg

E-5 14-35mm / f2.0  杉の木植えられたときは充分に間があると思われたが、ここまで育つと二本がくっついてしまっている。

a0110794_438131.jpg

E-5 14-35mm / f2.0  神社の裏に大きな枝垂れ桜の木を見つけました花の咲く頃に来たい。下の小屋に何だか怪しげなもの発見

a0110794_438157.jpg

E-5 14-35mm / f2.0  このような水路が街道脇を流れています。

a0110794_4382364.jpg

E-5 14-35mm / f2.0  杉並木の様子

a0110794_4383849.jpg

E-5 OM90mmマクロ / f2.0  この実はなんと綺麗なんでしょう中の種が透けて見えます
[PR]

by ina-someya | 2011-06-22 05:02 | Comments(13)
2011年 06月 18日

富士フォトやました写真塾 ~明治神宮花菖蒲~

6月15日梅雨の曇り空の下、本日の目的は花菖蒲園の菖蒲の撮影。久しぶりに原宿駅に降り立つ、竹下口から竹下通りへと回る若者、神宮橋を渡って明治神宮へ向かう○△。  神宮の森入口で先生の撮影に関する注意と、帰りの集合場所と集合時間を聞いて菖蒲園に向かう。 入口で団体(20人以上)の割引があることが分かったが生憎18人しかいない、こっそり赤の他人を2人仲間に入れて20人になって割引(1人500円→400円)で通過。2時過ぎまで撮影外で食事をして3時30分に集合、解散。



a0110794_145196.jpg

E-5  35-100mm / f2.0+EC-20 木立の隙間から

a0110794_1501.jpg

E-5  35-100mm / f2.0+EC-20 絵を描いている人がいました

a0110794_15969.jpg

E-5  35-100mm / f2.0+EC-20

a0110794_151814.jpg

E-5  35-100mm / f2.0+EC-20 菖蒲田の水に写り込み 

a0110794_152865.jpg

E-5  35-100mm / f2.0+EC-20 菖蒲田の水に写り込み

a0110794_153910.jpg

E-5  35-100mm / f2.0+EC-20 ハイキーに撮ってみました

a0110794_155378.jpg

E-5  35-100mm / f2.0+EC-20 開きかけの

a0110794_16262.jpg

E-5  35-100mm / f2.0+EC-20 

a0110794_161474.jpg

E-5  35-100mm / f2.0+EC-20

a0110794_162413.jpg

E-5  7-14mm / f4.0 花を見上げて
[PR]

by ina-someya | 2011-06-18 01:22 | Comments(10)
2011年 06月 13日

臼杵への帰省 ~またしても楽しくない帰省~

6月8日何時もの通りの勤務、昼少し前携帯が鳴る、出てみると聞き覚えがない声が私であることを確かめたうえで話し始めた。「K・Tの妻ですが、K・Tがなくなりました。通夜が本日の夜で、葬儀が明日の昼からです。」この知らせに驚きで返答も巧くできなかった。K・Tとは高校の時からの親友で、東京で就職してからも仲良くしていた。彼は途中親父が亡くなった後、親父の跡を継ぐために臼杵に帰り住職の道を選んだ。
直ぐに勤務先の上司に話をして休暇を頂き、一度家に戻り夜の飛行機で大分へ、その日の深夜に臼杵の実家に到着。もう一人の親友S・Jとすぐに連絡をとる。私とK・TとS・Jは 高校の時出席簿が並んでいたせいで3人はずっと友達でいて、帰省の折連絡を取り合って主にK・Tの家(お寺さん)で合っては近況を話していた。K・Tはここ10年ほど前から癌で体調を壊していたが合うときは元気で、時々は病院に通っているような話をしていた。
今年の4月に叔父さんの葬儀で帰省した時も3人で会ったが、その時は少し元気が無い様子であった。でも彼の明るい性格と話しぶりに安心はしたが、少しの不安は感じさせられていた。
現実になって彼を見送るとき、父や、叔父さんを見送った時とは違う、見送る者の辛さを感じたのは何なのだろう。

  ※ 3人で歩き回った臼杵の町

a0110794_23554980.jpg

灰石の石垣と坂道

a0110794_23561571.jpg



a0110794_23563173.jpg



a0110794_23564755.jpg

城下町のため狭い道と町並

a0110794_2357924.jpg



a0110794_23574259.jpg



a0110794_2358066.jpg



a0110794_23582723.jpg



a0110794_2358434.jpg

おせったいとは
a0110794_2359225.jpg

 臼杵の町はフグで有名です。フグ料理の店が沢山あります。

a0110794_23591566.jpg

 醸造業の醤油・味噌は有名です。

a0110794_23592871.jpg



a0110794_23594349.jpg

 

a0110794_23595814.jpg

お寺さんも多い町です

a0110794_001231.jpg

映画「なごり雪」の雪子の実家として使われた家

a0110794_00323.jpg

 

a0110794_005885.jpg

灰石の石垣と坂道

a0110794_011730.jpg

板塀(クレオソート塗り)

a0110794_014124.jpg

お寺さんが3つ並んでいます。

a0110794_015957.jpg

灰石の石垣と坂道

a0110794_021530.jpg

お寺さん

a0110794_023928.jpg

普通のお宅の門 

a0110794_025636.jpg



a0110794_031512.jpg

城址公園

a0110794_033696.jpg



a0110794_035664.jpg



a0110794_041593.jpg



a0110794_043566.jpg

トイレのことを雪隠(せっちん)と言います

a0110794_044991.jpg

3人が出会い親友になった思い出の臼杵高校


オリンパス E-P1 14-42mm / f3.5-5.6 主にラフモノクロームで撮りました。
[PR]

by ina-someya | 2011-06-13 01:01 | Comments(8)