<   2011年 01月 ( 7 )   > この月の画像一覧


2011年 01月 28日

あきる野市深沢の新名所「山抱きの大樫」

1月27日(木)今日はかみさんがネタを仕入れてきた大きな樫の木を求めて出かけた。家から車でJR五日市駅の裏手の深沢地区へ、深沢自然人村を過ぎてさらに二股を右に取り深沢会館先の駐車場へ車を止めて、新システムの大きな重いリュックを背負って、道標に従って左手の山に登ること約10分、それは突然に現れる。大きな大きな岩を抱え込んだ、とてつもなく大きな樫の木、まさに山を抱き込んだ様な佇まいは、名前のとおり「山抱きの大樫」にふさわしい。しばしかみさんと見上げて「来て良かった!」の一言、写真にどう収めたらこの雄大な大きさを表せるだろうと考えながら写真を撮る。
この樫の木の下に見える沢沿いに「深沢ちいさな美術館」というのがあるが、其の主の友永氏はNHKの人形劇「プリンプリン物語」の人形を作成された方で、その人形も展示されている。



a0110794_2142710.jpg

E-30
11-22 / 2.8-3.5     最近作られた道標

a0110794_214533.jpg

E-5
14-35 / 2.0           かみさんと樫の木の大きさを比べて見て

a0110794_215831.jpg

E-5
14-35 / 2.0          とても大きな樫の木が岩を抱え込んでいる

a0110794_2152582.jpg

E-5
14-35 / 2.0          大きな樫の木に抱かれて

a0110794_2154075.jpg

E-30
11-22 / 2.8-3.5        ブログの本人も樫の木の大きさにびっくり

a0110794_2155440.jpg

E-5
7-14 / 4.0          下に見える赤い屋根の家が「深沢ちいさな美術館」です

a0110794_216863.jpg

E-30
14-54 / 2.8-3.5+Ex-25       とても奇麗に撮れました
[PR]

by ina-someya | 2011-01-28 21:35 | Comments(4)
2011年 01月 27日

東京都写真部 写真展のお知らせ

平成22年度東京都写真部の写真展が2月の3日(木)~10日(木)の期間で開催されます。
会場は都庁第二庁舎1階南側です。ただし、土曜・日曜は庁舎に入れませんので見ることができません。部員数約40名、出展は自由で出す場合は1人5点まで出すことが出来ます。今回私も5点出展します。私の休みの日、3日(木)丸一日と4日(金)の午後の2時ぐらいまでは展示場所に居たいと思っております。時間の許せる方ぜひともおいでください。
7日(月)~10日(木)の間、私は会場にはいませんが、見に来てください。
4日は午後の2時から、近くで開催される「第3回ゴミゼロ倶楽部写真展」におじゃまする予定にしています。

※ 前の記事で知り合いになれた方のブログを御紹介します。
  この方は主に関東から東北にかけての鉄道写真を撮られています、鉄道のこと・関連する
  行事のことなどが紹介されております。 「Tokyo Suburban Paradise」



今回の写真展に自分の選に漏れたもの
a0110794_10254386.jpg

E-3
深大寺植物園

a0110794_10255879.jpg

E-P1
恵比寿ガーデンプレイス モデル撮影

a0110794_1026727.jpg
 
E-3
横浜山の手 モデル撮影
 
a0110794_1032972.jpg

E-3
小湊鉄道 

a0110794_10335044.jpg

E-3
代官山

a0110794_10263730.jpg

E-5
スカイツリー

a0110794_10264754.jpg

E-5
スカイツリー
[PR]

by ina-someya | 2011-01-27 10:48 | Comments(4)
2011年 01月 25日

宝登山の蝋梅で試し撮り

E-5システムの更新以来、毎日全装備を担いで通勤しているのに、一度も写真を撮っていなかった。今日(23日)は宝登山の蝋梅が大分咲いていると言う情報を得たので、新システムの試し撮りにでかけた。宝登山へは我が家から青梅に出て、梅の里梅郷を抜けて成木街道で埼玉県の名栗に抜け、天目指峠を抜けてR299に出て、横瀬町へさらに秩父市に入り、R140で長瀞町の宝登山ロープウェイ乗り場に到着。
途中道が混雑するのを覚悟していたが、山道は寒さのせいで少し凍結している個所もあり、其のせいか余り渋滞が無く意外にすんなりと到着出来た。宝登山の蝋梅はロープウェイ山頂駅付近はまだ余り咲いていないが、宝登山山頂付近の南に面した斜面はとても暖かいせいもあり5~7分咲きです。山道の両脇の蝋梅がとても良い香りを漂わせ、視覚・嗅覚の両方を満足させてくれます
レンズは35-100mm f2.0から始めましたが、蝋梅の花が小さいことと最短撮影距離が1.4mのせいもあり花に寄れず花が小さくしか撮れない。暫く撮ったがEC20(×2)を装着した。(ここでEX-25 を思い出せばこちらを装着すれば最短撮影距離が約半分になったのに)山頂までこのレンズで撮り、山頂からは14-35mm f2.0これは35cmまで寄れる。途中まで下りながら撮影、そこから今度はOM90mm f2.0マクロに取り換え、再び頂上まで撮りながら登った。14-35mmも35-100mmもどう狙ってよいものか全く分からない。これは大変な代物を抱え込んでしまった感で一杯になりながら、下山した。

※ 頂上付近でパソコンを扱っている方が居ましたので、ブロガーだと判断し、声をおかけしたら
  やはりそうでした。アドレスを頂きましたが、許可が出ましたら紹介します。




a0110794_1071528.jpg

E-5
35-100 / 2.0   手持ち400mmに馴れている身には200mmは短い感が大、しかも重い!


a0110794_107247.jpg

E-5
35-100 / 2.0       何とも距離感がまどろっこしー

           
a0110794_1073684.jpg

E-5
35-100 / 2.0+EC20      これで何時もの感覚


a0110794_1075486.jpg

E-5
35-100 / 2.0+EC20       この感覚(50-200 / 2.8-3.5)に馴らされていた私が居る 

  
a0110794_108991.jpg

E-5
35-100 / 2.0+EC20      南向きの陽だまりで      


a0110794_1082395.jpg

E-5
35-100 / 2.0+EC20      「ぐずる子の 寝てる合間の 花見かな」


a0110794_1083862.jpg

E-5
14-35 / 2.0           バックのボケ具合は良好


a0110794_1085615.jpg

E-5
14-35 / 2.0           寄れるので不満はないが・・・・


a0110794_1091461.jpg

E-5
14-35 / 2.0        此処まで寄れるがなにか物足りない 

 
a0110794_1093036.jpg

E-5
OM90mmマクロ     大分絞りの具合に馴れてはきた

      
a0110794_1094775.jpg

E-5
OM90mmマクロ     


a0110794_1095862.jpg

E-5
OM90mmマクロ     旨くいったと思われる


a0110794_1010820.jpg

E-5
OM90mmマクロ     こんなもの発見 たぶんライブカメラ?
[PR]

by ina-someya | 2011-01-25 11:20 | Comments(6)
2011年 01月 17日

オリンパス馬鹿が自分勝手な最後の決断

最近のオリンパスに関する情報を、あちこちのサイトで分析しているうちに、どうも私が初めて本格的に始めたDSLRの(FT)Eマウントが、終息してしまうのは時間の問題で有ると判断するのが間違いなさそうである。 

普通(これからもDSLRで写真を続ける)で有れば早い時期に、オリンパスの将来に見切りを付けて、N社やC社にマウント替えをするところであるが、何しろもう私が新しいマウントに鞍替えして、投資するだけの資金力と、写真撮影に活動できる時間や重い機材を持ち運べる体力の続く期間も余り無いと判断した。

そこで、逆にオリンパスがE-5の後継を、もう一台は出すのではと読み、そこで完全に終息するとして、今から3年後の新機種と、それから3年後にすべて生産中止と成っても、そこから10年間は部品の修理はできる期間が有るとすると、今から合計で16年間は使い続けられる。

またその後も写真活動が出来るので有れば、M FTも十分に開発が進んでいるであろうから、マウントアダプターを使ってのFTレンズの利用も可能で有るかなと考えた。そうすると、今FT機E-5が現役で使えている間に、あこがれのオリンパス松レンズを使わなければ、何の意味もなくなることに考えが到達し、今回松レンズを買足してシステムを組み直すことにした。



「システムⅠ」 私のメインのシステム
E-5
7-14mm・f4.0・・・既存資産
14-35mm ・f2.0・・・今回買い足した資産
35-100mm・・f2.0・・・今回買い足した資産
90mm(マクロ)・f2.0・・・既存資産
EC-20 ×2・・・既存資産
EX-25(Extension T) ・・・既存資産
90-250mm・f2.8・・・3年後(年金生活開始)までに貯金し購入予定

a0110794_213627.jpg






「システムⅡ」 かみさんのメインのシステム
E-30
11-22mm・f2.8-3.5・・・既存資産
14-54mm・f2.8-3.5・・・既存資産
50-200mm・ f2.8-3.5・・・既存資産
35mm(マクロ)・f3.5・・・既存資産


「システムⅢ」
E-620
11-22mm・f2.8-3.5・・・既存資産
18-180mm・f3.5-6.3・・・既存資産
70-300mm・f4.0-5.6・・・既存資産


「その他システム(マイクロ)」
E-P1
17mm・f2.8 ・・・既存資産
14-42mm・f3.5-5.6・・・既存資産
MMF-1・・・フォーサーズアダプター


「その他機材」
カメラ ・・   E-3 ・ E-300 ・ E-510
レンズ ・・   14-45mm f3.5-5.6 ・  50-500mm f4.0-6.3(シグマ)
[PR]

by ina-someya | 2011-01-17 02:19 | Comments(6)
2011年 01月 15日

第2回あきる野フォトコンテスト応募

2009年に第1回が開催されて2年目の今年、第2回の作品募集が始まった。テーマはあきる野市の風景、街並み、行事、史跡、動植物等、あきる野市内と分かるものである。かみさんと二人で撮っていた写真が有ったので、応募することにした。




a0110794_1363564.jpg

E-3
7-14 / 4.0       緑が映える頃の廣徳寺 「緑色の山門」


a0110794_1364563.jpg

E-5
7-14 / 4.0         黄葉が映える頃の廣徳寺 「黄金の山門」


a0110794_1365354.jpg

E-620
18-180 / 3.5-6.3         黄葉が映える頃の廣徳寺 「苔むした屋根」  


a0110794_137125.jpg

E-620
11-22 / 2.8-3.5          黄葉が映える頃の廣徳寺 「秋色に包まれて」


a0110794_13794.jpg

E-620
11-22 / 2.8-3.5          紅葉の高尾公園 「落ち葉たちの食卓」
[PR]

by ina-someya | 2011-01-15 13:17 | Comments(6)
2011年 01月 09日

今年初の写真講座は亀戸天神と周辺の七福神巡り「富士フォト」

1月6日、朝11時にJR亀戸駅の改札前に集合、天気予報では最高気温も10℃を下回る予報が出ている。元気に集合した皆は新年のご挨拶、yamapy先生のご挨拶と行動計画を聞き出発、亀戸天神を皮切りに(亀戸天神は七福神ではない、菅原道真公を祭る学問の神様、当然この時期受験生が沢山絵馬を奉納している)龍眼寺(布袋尊)・天祖神社(福禄寿)・光明寺(毘沙門天)・香取神社(大国神と恵比寿神)と回ってきたところで今日の講習の時間は一杯になった。香取神社で解散、余力のある人は東覚寺(弁財天)・常光寺(寿老人)に周ることになった。
前に亀戸天神の藤を撮影に来たことがあったが、その時と決定的に違う新しい被写体、と言うよりこれがある意味、これからのメインになると思われるものが出現していた。その名はなんと”スカイツリー”であった。こいつは此の辺りならビルに隠れない限り何処からでも見える、此の辺りの観光にも大いに貢献していると思われた。
かみさんへの土産(べっ甲細工)を選んでいて、12時に食事が出来なかったので、解散してから簡単な食事をCOCO一番のカレーで済ませ、痛くなった右足を引きずりながらJR亀戸駅に向かった。




a0110794_0393043.jpg

E-3
50-200 / 2.8-3.5     亀戸天神鳥居の向こうに見えるスカイツリーを望遠で撮ると、
                 圧縮効果でこんなに近くに在るように撮れる。

a0110794_0394651.jpg

E-5
7-14 / 4.0     鳥居の中に見えるスカイツリー実際の見え方に近い

a0110794_040593.jpg

E-3
50-200 / 2.8-3.5      太鼓橋の向こうのスカイツリーこれも圧縮効果で近くに見える

a0110794_0402664.jpg

E-5
7-14 / 4.0     太鼓橋欄干の隙間に見えるスカイツリー 実際の見え方に近い

a0110794_0405026.jpg

E-5
7-14 / 4.0       境内早咲きの梅の向こうに見えるスカイツリー

a0110794_04181.jpg

E-5  
7-14 / 4.0       太鼓橋の下の池に写り込むスカイツリー

a0110794_0413336.jpg

E-3
50-200 / 2.8-3.5    電線から飛び立ったカモメとスカイツリー

a0110794_0415382.jpg

E-5
7-14 / 4.0           龍眼寺境内の向こうにもスカイツリーが見える

a0110794_0421296.jpg

E-3
50-200 / 2.8-3.5      アルバイト?

a0110794_0422830.jpg

E-5
7-14 / 4.0     香取神社の恵比寿神と大国神 水をかけていた

a0110794_0424379.jpg

E-5
7-14 / 4.0           木のかげを写すにはドラマチックトーン良いかも
[PR]

by ina-someya | 2011-01-09 01:34 | Comments(6)
2011年 01月 08日

今年のお正月は久しぶりに東京の我が家で

今年はお正月を東京のわが家で迎えることになった。ま、いろんな経緯があるのだが話せば長くなるのでそれはさておいて、実に20年ぶり位の事になる。夫婦2人特に何もしない普通の年越し(NHK紅白・年越し蕎麦)元日は遅く起きて1日だらだらと終わる。2日は朝早くから起き出して、ボンタ(介護され犬)を連れて3人で伊豆半島一周。伊東市の小室山の椿園を観て、河津町から天城峠方面に向かい、途中河津バガテル公園のバラを観て天城越え、何度も前を通ってはいるが立ち寄ったことのなかった浄蓮の滝を観た。その後は何時も伊豆ではメインのポイント、戸田の海岸線から見える夕日、晴れているとダルマに見える夕日を写真に収める。何時も何処とは決めずに海岸線に降りて行ける道を探す、沈む夕日と競争で何時もスリル満点です。今回もかろうじてセーフで良い場所に巡り合えた、後で地図を見て場所は分かるが地名は分からない。写真がすべて終わり戸田の町を通ると、高足ガニの看板が・・・食べたーい、でも介護犬君を置いていくわけにはいかず我慢、我慢(もっとも介護犬君との旅行では何時もコンビニ弁当・犬を連れて入れる食事処は殆ど無い)戸田からは沼津-箱根越えを嫌って、修善寺を抜け熱海に抜けての帰宅とした。そのまま我慢で自宅まで、夜も9時を過ぎての夕食になる。夜のニュースで箱根越えが大変なことになっているのを聞いて、ラッキー!!!


a0110794_0562793.jpg

E-30
11-22 / 2.8-3.5    伊東市の海岸で朝日を撮ることができた

a0110794_057367.jpg

E-30
18-180 / 3.5-6.3     小室山椿園からの富士山 椿や梅が満開なら素晴らしい眺めになるのに
a0110794_058416.jpg

E-30
70-300 / 4-5.6      小室山椿園では目白さんが椿の蜜を求めて

a0110794_128841.jpg

E-30
70-300 / 4-5.6      小室山椿園にはリスさんも居た、柚子を食い荒らしていた

a0110794_0582494.jpg

E-30
70-300 / 4-5.6      小室山椿園花は少し咲いていたが寒にやられて奇麗でない

a0110794_05855100.jpg

E-5
50-200 / 2.8-3.5     バガテル公園バラ園 バラの実が良く熟していた

a0110794_0593157.jpg

E-30
70-300 / 4-5.6      バガテル公園バラ園でお友達になれました

a0110794_0595581.jpg

E-30
70-300 / 4-5.6      バガテル公園バラ園 順光だけど奇麗に撮れました

a0110794_105320.jpg

E-30
70-300 / 4-5.6      バガテル公園バラ園 日の光がバラの葉に照り返してきらきらしていました

a0110794_111482.jpg

E-5
50-200 / 2.8-3.5     バガテル公園バラ園 逆光はまた美しく見せてくれる    

a0110794_114790.jpg

E-5
50-200 / 2.8-3.5     バガテル公園バラ園で少し歩いてみました 気持ち良くなってやっちまったー      

a0110794_12818.jpg

E-30
18-180 / 3.5-6.3      念願の浄蓮の滝だが 遠いので迫力に欠ける絵になってしまった

      
a0110794_124822.jpg

E-5
7-14 / 4.0         戸田の海岸 白い水仙が海岸に一杯咲いていて、とても良い香りが辺りを満たしていました

a0110794_13399.jpg

E-5
7-14 / 4.0         戸田の海岸 夕日と貨物船

a0110794_131812.jpg

E-5
7-14 / 4.0         戸田の海岸 夕日がだるま状態になるほんの数秒間しかないチャンス

         
a0110794_133339.jpg

E-5
7-14 / 4.0         戸田の海岸 日没後の空
[PR]

by ina-someya | 2011-01-08 02:13 | Comments(6)