FX-SystemでDSLR再々出発

yattchan.exblog.jp
ブログトップ

<   2009年 10月 ( 10 )   > この月の画像一覧


2009年 10月 29日

佐々木 啓太先生 写真展「なにげない風景」

今日は日本橋ナンワギャラリーに、佐々木先生の写真展を見に出かけた。
神田駅で降り、地図を見ながら5分、初めての場所にしては簡単に探し当てる事ができた。
朝の11時、開場すぐであったので先生の他には誰もいませんでした、写真は11枚本当にどこにでもある風景の写真が並べられているのだが、とても大きなサイズの写真にしてあることで、普通のサイズでは気がつかないところが見えてきたり、空間の広さが生きてくるのが体感できる。
不思議な映り込みなどを先生に質問しながら、約1時間かけて見せていただき、写真の講習会に出るよりも大きな収穫を頂いてギャラリーを後にした。

この後は津田塾大学オープンスクールに参加のため千駄ヶ谷に向うのだが、その前に先日食べる事ができなかった「東京トンテキ」に再挑戦するために神田から山の手線で渋谷に回った。
時間も13時近くになり、昼食の時間も終りになるので今日こそ食べられると期待を持って店に近づいてびっくり、2階にある店の中から階段づたいに1階まで、行列が・・・・・・・・・・
オープンスクールの時間もあるのであれだけの人の後ろに並ぶことはできない、2回目の挑戦もあえなく失敗、次回挑戦するなら開店時間前に並ぶしかない、またテレビ放映の効果が無くなるのを待つしかないということを学習し、JR渋谷駅構内のカレーショップでチキン南蛮カレーなるものを食して、津田塾へ。

帰りは新宿から特急電車で立川まで、立川には17時27分ぐらいに到着、17時37分の五日市行きに乗れた。
a0110794_23454170.jpg

E-P1
17 / 2.8
a0110794_23483680.jpg

E-P1
4-17 / 4.0
フォーサーズ・マイクロフォーサーズマウントアダプター
a0110794_23492122.jpg

E-P1
4-17 / 4.0
フォーサーズ・マイクロフォーサーズマウントアダプター
a0110794_2349599.jpg

E-P1
17 / 2.8
a0110794_2350267.jpg

E-P1
17 / 2.8
2階から並んでいる、手前の人は食べている
a0110794_23505310.jpg

E-P1
17 / 2.8
階段伝いに1階まで
[PR]

by ina-someya | 2009-10-29 23:57 | Comments(2)
2009年 10月 28日

オープンスクール(東京家政大学学園祭)

学園祭(緑苑祭)にオープンスクールで作品を展示した。
学園祭は10月24日(土)、25日(日)の二日開催された、25日はあいにく朝から小雨が降り続く中、かみさんと二人で写真展を見るために、車で出かけた。
昼頃に到着し、車を近くの駐車場に入れて歩いて大学に到着、早速空腹を満たすため、出店の店で適当に買い食いし写真展を見る。学園祭の出し物などを暫く見学、学校を出て駐車場へ向う途中で石神井川の遊歩道が少し秋の色になっていたので写真に撮った。

a0110794_0102876.jpg

E-P1
14-42 / 3.5-5.6
作品二点
a0110794_0104598.jpg

E-P1
14-42 / 3.5-5.6
a0110794_011348.jpg

E-P1
14-42 / 3.5-5.6
大道芸
a0110794_011191.jpg

E-620
18-180 / 3.5-6.3
石神井川
a0110794_0113737.jpg

E-P1
14-42 / 3.5-5.6
a0110794_014371.jpg

E-620
18-180 / 3.5-6.3
ラフモノクローム
[PR]

by ina-someya | 2009-10-28 00:24 | Comments(0)
2009年 10月 27日

B級グルメ「東京トンテキ」が食べたい

今日は私の所属している写真部の月に一度の定例会が、新宿の某ビルの17F厚生室で開催される。
私は勤務地が立川なので、何時も定例会が始まる時間ぎりぎりに集合している。
今日は早めに休暇を頂き、紳助のテレビで紹介された「東京トンテキ」を渋谷で夕食に頂いてから定例会に出席しようと張り切って、渋谷に16時30分には到着し、勇んで東京トンテキの店に・・・・
店が閉まっている、定休日ではない、何のことは無い、ランチの時間が15時に終わって、18時のディナータイムまでの従業員の休みと仕込みの時間である。
東京トンテキは・・・・・・・・・・・・・ http://tokyotonteki.jp
確かにそのような不安が無いわけではなかったが張り切ってきただけに非常に力が抜けてしまった。
新宿に戻って悔しかったので夕食にはステーキ300gを食べて、定例会に出た。
今日の講師は熊切先生だ、課題の部(夏)の作品では次席を頂く事ができた、次回の撮影会は平林寺、来年2月の作品展の打ち合わせなどが終り、新宿発20時15分の青梅行きホームランナーで帰宅した。

a0110794_2337592.jpg

E-500
14-54 / 2.8-3.5
埼玉県 竹寺 今回初めて次席を頂いた
[PR]

by ina-someya | 2009-10-27 23:46 | Comments(1)
2009年 10月 25日

朝日カルチャー やまちゃん写真教室

今日は多摩動物公園、何時もの通り集合は昆虫館前10時20分、半数以上の人は9時30分の開園時間には入園し、昆虫館の中で撮影を始める。
昆虫館は気温と湿度が夏設定になっているので、カメラのレンズが曇って大変な思いをする、沢山の、多種類の蝶がいるのでつい熱心に撮っていると、秋の衣装で入館した私は汗びっしょりになりとても耐えられなくなって外に出てしまった。
集合時間、記念写真を撮り各自撮影、今回は昼食後の解散の後も残って17時近くまで動物舎を回った。
a0110794_23572634.jpg

E-P1
14-42 / 3.5-5.6
ポップアート
a0110794_23573910.jpg

E-P1
14-42 / 3.5-5.6
ポップアート
a0110794_23575281.jpg

E-P1
14-42 / 3.5-5.6
ポップアート
a0110794_2358425.jpg

E-3
50-200 / 2.8-3.5
TELE CONVERTER EC-20
a0110794_23581465.jpg

E-3
50-200 / 2.8-3.5
TELE CONVERTER EC-20
a0110794_2358267.jpg

E-3
50-200 / 2.8-3.5
TELE CONVERTER EC-20
a0110794_23584181.jpg

E-3
50-200 / 2.8-3.5
TELE CONVERTER EC-20
a0110794_2359048.jpg

E-3
50-200 / 2.8-3.5
TELE CONVERTER EC-20
a0110794_23591532.jpg

E-3
50-200 / 2.8-3.5
a0110794_23594336.jpg

E-3
50-200 / 2.8-3.5
a0110794_23595175.jpg

E-3
50-200 / 2.8-3.5
[PR]

by ina-someya | 2009-10-25 00:15 | Comments(0)
2009年 10月 22日

写真展無事に終わりました

10月13日(火)~10月18日(日)渋谷ギャラリールデコで催されたオリンパスデジタルカレッジ
PotoArtist ~Feel Heart~ 第一回写真展が大盛況のうちに、無事終わる事ができました。
足を運んでいただいた皆様に、出展者一同感謝しております。
最終日片づけが終わって、出展者12名、担当講師の斎藤 功一郎先生、またオリンパス講師陣の土屋 勝義先生、佐々木 啓太先生、清水 哲朗先生も駆けつけていただき、オリンパスのスタッフの方2名と大勢で、渋谷のトンカツやさんで盛大に打ち上げ(大成功を祝う会)。
出展者12名は6月に顔を合せて以来、約5ヶ月お互いの親交を深める事もできましたし、講師の先生や、オリンパススタッフの方々とも親しくなることができました。
今回の講習は、また参加したい企画であるのと、第一回というタイトルがついているのだから第二回、三回・・・・・・・と続く事を願っています。
最後に出展者12名の作品を展示順にもう一度紹介させていただきます。
a0110794_954037.jpg

a0110794_9565010.jpg

a0110794_9581719.jpg
a0110794_9583299.jpg
a0110794_9584439.jpg
a0110794_9585842.jpg
a0110794_9591253.jpg
a0110794_9592125.jpg
a0110794_9593346.jpg

a0110794_9594357.jpg

ブログ本人の作品 横浜大桟橋にて


a0110794_10014.jpg
a0110794_1001032.jpg
a0110794_1002531.jpg

[PR]

by ina-someya | 2009-10-22 10:12 | Comments(2)
2009年 10月 17日

写真展に嬉しい人が

10月15日(木)この日は津田塾のオープンスクール、写真処理ソフトの授業を終り、渋谷の写真展に当番として駆けつけた。
17時から19時までの2時間である、会場には私のほかに今日当番に当たっている方が3人いた、
さらに、佐々木先生が来ておられ、改めて組み写真の見方を教えていただいた、2枚では組み写真というより、対比の色合いが濃く、3枚以上でないと組み写真とはいえないそうである。
その後暫くして佐々木先生は帰られたが、この講座の講師の斉藤先生が来られた。
署名のノートには、土屋先生の名前もかかれてあった。
かみさんからの電話で、私の義弟がこれからの伴侶となる方と一緒に写真を見に来るとの連絡が入り、暫くして3人で現れた。
義弟には久しぶりに会ったが、にこやかな顔はとても平安を感じ嬉しかった、また二人からのお花もとても有りがたかった。(他の人は誰ももらってなかった)
展示場閉店の後、近くのステーキの店で久しぶりに会えて積もる話など歓談しているうちに、21時になりそろそろ帰らないと電車がなくなるので、店を出た。
帰りは新宿から立川まで、特急電車で帰るというちょっと贅沢をしてみました。
a0110794_014376.jpg

E-P1
14-42 /3.5-5.6
斉藤先生ご挨拶文
a0110794_0142179.jpg

E-P1
7-14 / 4.0
FOUR THIRDS ADAPTER MMF-1
外人さんも熱心に見てくださいました。
a0110794_0492570.jpg

E-P1
7-14 / 4.0
FOUR THIRDS ADAPTER MMF-1
義弟の後姿、二人して私の写真と同じだ・・・・・・
[PR]

by ina-someya | 2009-10-17 00:55 | Comments(1)
2009年 10月 13日

ズイコーデジタルアカデミー PhotoArtist ~Feel Heart~ 第7回

写真展準備 10月12日(月)今日は渋谷のギャラリールデコで13時より写真の展示会場作り、会場へは12時に到着したが鍵が掛かっており入れず、結局13時ぴったりにビルの管理者が鍵を開けるまでの1時間ばかりを表の道路で待たされた。
会場作りは皆で協力して16時までにはおおよそ終りお茶タイム、その後何人かで買出しに出た、17時ぐらいから会場で展示作品、批評会、苦労話、等も酒の肴に加えて20時近くまで盛り上がった。明日からの写真展の成功を祈って一本締めで閉めてお開きとなった。
a0110794_0565235.jpg

E-P1
14-42 / 3.5-5.6
斉藤先生自らライトアップ
a0110794_0574379.jpg

E-P1
14-42 / 3.5-5.6
a0110794_058344.jpg

E-P1
14-42 / 3.5-5.6
a0110794_0582346.jpg

E-P1
14-42 / 3.5-5.6
[PR]

by ina-someya | 2009-10-13 01:01 | Comments(1)
2009年 10月 13日

秋色を求めて

10月10日(土)の朝日カルチャー・東京家政大学オープンスクールの講座で、いよいよあき色の作品が提出されるようになった。
赤・黄色・青空の色など他人の作品を見ていると、私も秋に会いたくなり翌日は午前3時に起きて草津白根方面から浅間山を抜け、軽井沢に出て佐久を通って国道299で十石峠を越え、秩父へ抜けて青梅からあきる野市へ帰るコースで秋を探してドライブ、例によって180SXに乗ってである。
天気予報では関東地区すべて晴天の予報で、絶好のドライブ日和と信じていた。

草津の町では紅葉が始まっており、白根山の上はさぞかし紅葉が綺麗だろうと思いきや、少し山を登り始めるや霧雨登れば登るほど雨が強くなり、頂上付近では霧状態で視界も5mぐらいで挙句の果ては雨が霙になる始末で紅葉どころではなかった。
白根山を下り浅間山の横を通る有料道路で軽井沢方面へ、軽井沢まで来ると天気は快晴に近くなったが軽井沢の町は素通りで、浅間山を右に見ながら一路佐久市を目指した。
途中の水田で稲が黄金色に実り、刈入れも始まっており、稲の乾燥の棚もくまれていた。
a0110794_0332112.jpg

E-P1
14-42 / 3.5-5.6
白根山霙の降る中車の窓を開けて
a0110794_0333972.jpg

E-3
7-14 / 4.0
浅間山は雲をかぶっているが他は快晴
a0110794_0335974.jpg

E-3
7-14 / 4.0
稲を干している棚
a0110794_0342668.jpg

E-3
7-14 / 4.0
稲田の中の愛車180SX
a0110794_049140.jpg

E-3
7-14 / 4.0
キク科の雑草

十石峠の辺りで紅葉の始まりが見られ、唐松も少し黄色になり始めており道には唐松の葉が少し積もっていた。その後ドライブ中晴天が続いたので吊橋を訪れ、秋空をバックに写真に収めた。午後の3時ぐらいには家に着いていた。
a0110794_036157.jpg

E-3
7-14 / 4.0
a0110794_0361859.jpg

E-3
7-14 / 4.0
[PR]

by ina-someya | 2009-10-13 00:55 | Comments(3)
2009年 10月 08日

 PhotoArtist ~Feel Heart~写真展宣伝

2009.06.30に始まり,2009.09.29の写真展準備まで約3ケ月にわたって学んだ成果をきたる10月13日(火)~10月18日(日)に、渋谷のギャラリールデコ3Fで発表する。
同期生12名 1人2点の厳選作である。
以下の七つの学習内容が満たされる作品になっているだろうか?

① 見る人を参加させる
  イ 見る人に考える余地を与える、考える余地が残っている作品。
   ロ 絵の窓を通してその中に居る自分を想像させる作品。

② 自分の写真への技術・レンズの力・カメラの力だけでなく、
  (技術・カメラ・レンズは真似できる)人に真似の出来ない何かを入れる。

③ 絵から何かを感じるたとえば、音・音楽・色・(楽しさ、憂い、悲しさ等の感情)・におい・郷愁・共感・懐
  かしさ

④ 自分の一貫した撮り方の癖を見つけて大事にする(自分流)
 自分の撮り貯めた写真でこれは良いと思う写真を10枚ぐらい選んでよく観察すると、自分流が分って
 くる。

⑤ 構図を決めたら一枚で終わらず、待つ。
 時間的なずれ、日の光、風、登場人物等いろんな条件が変われば、自分にしか取れない瞬間にめぐり
 合える。

⑥ 写真展に向けては、人に見せる事を意識した作品を選択する。

⑦ 写真展でのテクニック 1人で作品展を開いて一つのテーマで50枚だとか見せる時
 10枚おきぐらいに、見ている人が肩肘の力を抜く事が出来る作品、テレビで言えばコマーシャルてき
 な休める作品を配置する。

a0110794_16551425.jpg


a0110794_1659226.jpg

[PR]

by ina-someya | 2009-10-08 17:07 | Comments(3)
2009年 10月 08日

親父の退院に合せた帰郷

9月の30日が親父の退院日と決まって、退院後のことをケアマネージャーと話し合って、計画を立ててもらって東京に帰っていた私のもとに、毎日おふくろから電話がかかってきていた。
親父の身体の具合を看てのおふくろからの感想や、自分ひとりで看て行けるだろうか、の心配である。私も凄く心配ではあったが、ケアマネージャーの立てた計画で大丈夫であろうと思っていた。
退院の3日前あたりに掛かってきたおふくろの電話に、とても心配そうな様子が伺えたので、おふくろには内緒で退院日の夜遅くに臼杵に到着するよう帰省した。
a0110794_1693783.jpg

E-P1
14-42 / 3.6-5.6
今回は黄色の彼岸花が出迎えてくれた


案の定おふくろの喜び様は、それは凄いものであった。
私がいることで安心したのか夜は大いびきをかいて眠っていた。
しかし安心は不安へと変わった、朝それも早朝5時ぐらいに親父の声に目が覚めて、行ってみると親父は布団をはがし着ていた浴衣をはがし、おまけにオムツもはがしてしまって、布団も浴衣もすべてびしょ濡れ、この様子を見ておふくろは手が出ない状態である。
おふくろ自信も81歳という高齢でしかも相当に身体が弱っている、当然である。
私が親父を抱え上げている間に、おふくろに布団を取り替えてもらい、親父の身体を濡れタオルで拭いて新しいオムツ、新しいシャツ、新しい浴衣に着せ替えさせて寝かせて約30分、これはおふくろ1人ではできない、そのあと8時になって朝のヘルパーさんが来て親父の身体介護(ポータブルトイレ介助・身体の清拭・オムツ取替え・浴衣の交換等)を行うが、仕事がほとんど無いくらいに綺麗になっていた。
a0110794_16162795.jpg

E-P1
14-42 / 3.6-5.6

その日のうちにケアマネージャーさんと話し合いを持ち、介護の点数でできなくて実費払いになるのを覚悟でも、おふくろの負担を軽減できるよう介護計画の見直しをお願いした。
ケアマネージャーさんも先に計画したものは無理だろうと思っていたらしく、既に腹案がありその日の夕方には新しい介護計画を提示された。
その計画とは、朝・昼・夕3回のヘルパーによる身体介護、週2回のデイケア(朝から1日)、月の中ほどに1週間の治療入院(ショートステイ)というものであった。
私はとてもよい計画だと思ったのでそれでお願いする事にした。
次の日も朝早くからおもらしがあり綺麗にするのに大変な思いをした、この話を朝のヘルパーさんに話したところ、この方がたまたま我が家の近くに住んでいる方で、私が東京に帰った後おふくろが1人で困った時は、電話をもらえば駆けつけてくれるという。ありがたいことである。
私が東京へ帰る1日前の日がデイケアの日、朝からお迎えの車が来て親父も喜んで出かけた。
a0110794_161225.jpg

E-P1
14-42 / 3.6-5.6
お風呂に入り一日リハビリなどしてもらえる

最後の日なので買い物をしておくために歩いて臼杵の町中を見ながらレンタカーを借りに出かけた。
a0110794_16122658.jpg

E-P1
14-42 / 3.6-5.6
昔とちっとも変わらない町並み(50年ぐらい前)

a0110794_16124233.jpg

E-P1
14-42 / 3.6-5.6
この薬局の人は私の同級生?

a0110794_1613173.jpg

E-P1
14-42 / 3.6-5.6
臼杵は城下町、町中に点在する井戸はとても大事なもの

昼はおふくろと車でおふくろの好きなチーズグラタンを食べに行ったが、看病の合間に食べる食事に比べれば、久しぶりの食事らしい食事であった。
その夜叔父さん夫婦が親父の見舞いに来てくれたので車で送っていった。
正味4日間の忙しく充実した日もあっという間に過ぎて、おふくろに無理をしないようにがんばるよう言い残し、親父におふくろの言うことをよく効くようによく言って聞かせて、後ろ髪は引かれるけれど今回もまた東京へ・・・・・・・今回の帰郷にも気持ちよく送り出してくれたかみさんに感謝! 感謝!
a0110794_16134739.jpg

E-P1
14-42 / 3.6-5.6
こんなポスターが
a0110794_16141274.jpg

E-P1
14-42 / 3.6-5.6
いつかこの竹宵の日に帰省したいものだ
[PR]

by ina-someya | 2009-10-08 16:33 | Comments(1)