FX-SystemでDSLR再々出発

yattchan.exblog.jp
ブログトップ
2010年 09月 07日

玉川上水と残堀川交差点の疑問が解決しました

下の記事の疑問に身近な方(Y.Yさん)からの適切な解答を頂きましたので紹介いたします。
簡単に書きますと、玉川上水が開通した際、残堀川は天王橋付近で上水に繋ぎ込まれてその下流は無くなり、その水は上水の助水として利用されていた。
ところが明治になって残堀川の水が生活排水により汚れてきたため、明治41年に上水から切り離し、残堀川を上水の下を潜らせ、無くなっていた下流の復活工事を施し立川の富士見町から多摩川に流れ込むようにした。
昭和に入ると残堀川に生活排水が多量に流れ込み、残堀川の水量が増えてたびたび交差点付近で氾濫を引き起こした。 此の事が有って、昭和38年に水量を一定に保てる玉川上水を、残堀川の下を潜らすという現在の立体交差に変更された。
以上ですがその出典は「玉川上水水辺の道」によります。リンクさせていただいておりますので、皆様もご覧ください。



a0110794_1543319.jpg

E-P1
17 / 2.8   暑い日が続いていますが奥多摩の、山の上は確実に秋が姿を見せ始めています。
        手前に萩が、それとススキ

a0110794_1544782.jpg

E-P1
17 / 2.8     この時期キノコを追って山に入りますが、何もありません。これは毒茸です!

a0110794_1551050.jpg

E-P1
17 / 2.8   奥多摩白丸ダムの横に設けられた魚道です。この魚道は無料で見学できます。
 
[PR]

by ina-someya | 2010-09-07 02:08


<< 写真展・絵画展      玉川上水に新たな疑問が・・・・・・・ >>