2010年 08月 26日

高千穂峡と日之影温泉駅から、ととろの猫バス停留所へ

8月20日 高千穂峡に遂に行くことができました。
宮崎県の高千穂峡、ここは私の記憶に残る限り、受験勉強の厳しかった私の高校3年の時、高校の(受験勉強息抜きのため)旅行で訪れた思い出がありますが、どんな処だったか、殆ど覚えていません。そんなことなので一度は訪れてみたい所でした。
大分県の臼杵からは高速で佐伯市まで出て、国道10号線で延岡まで南下して、そこから五ヶ瀬川沿いに2時間程山の方に入ったところになります。
途中、もうすっかり忘れていましたが口蹄疫の予防のため、道路で車の消毒を受けました。宮崎県はまだ大変なのだと改めて認識させられました。
朝早く出たので10時位には高千穂峡に到着し、おかげで駐車場にもすんなり停めることができました。車を降りてびっくり、高地に来たので涼しいのかと思いきや、これが下に居たのと同じくらい暑い、今年が変なのか???????
見学には「介護され犬」のボンタ君も一緒に回りました。なんだか暑くて、連れてきてもらって有りがた迷惑の様子でした。
高千穂の次に2008年に廃線となった日之影線の日之影温泉駅に向かった。途中アーチ橋としては日本一長い天翔大橋に立ち寄った。
日之影温泉駅には廃線で使えなくなった車両を、宿泊施設に改造した2両の「TR列車の宿」が駅構内に有る。ここでは旧ホームに造られた足湯に浸かり疲れをとり、昼食にした。
ここから山道で大分県の佐伯市宇目に有る「ととろのバス停」の前を通って、佐伯市に出て国道10号線を経て一般道で臼杵へ、16時には我が家に到着。


a0110794_18214155.jpg

E-620
11-22 / 2.8-3.5

a0110794_18215686.jpg

E-3
7-14 / 4.0

a0110794_18222262.jpg

E-620
11-22 / 2.8-3.5

a0110794_18223631.jpg

E-3
7-14 / 4.0

a0110794_1823093.jpg

E-3
7-14 / 4.0

a0110794_1824476.jpg

E-620
11-22 / 2.8-3.5 ボンタくん迷惑そう

a0110794_18243455.jpg

E-3
7-14 / 4.0

a0110794_18245575.jpg

E-3
7-14 / 4.0

a0110794_18251181.jpg

E-3
7-14 / 4.0  日之影温泉駅足湯

a0110794_18252630.jpg

E-620
11-22 / 2.8-3.5  

a0110794_18253949.jpg

E-620
11-22 / 2.8-3.5
[PR]

by ina-someya | 2010-08-26 18:48 | Comments(4)
Commented by momoyo at 2010-08-27 16:28 x
ボンタ君もサゾ暑かったと思いますが飼い主さんも車には置いていけずカメラと両方ではさぞかし重・暑い思いをされたことでしょう。2年ぐらい前に3泊で九州を駆け抜けるような旅をしました。高千穂峡は行き帰りでスッカリ疲れたことを思い出しす。今思えば懐かしいですがその次の日うど神宮でまた上り下りがキツクて筋肉痛になりました。指宿の砂風呂でぽっとしたり・・・
宮崎県は今年は大変な被害でしたが頑張って欲しいです。足湯も気持ちよさそう・トトロとボンタ君お似合いです。続きを楽しみにしております。また九州に行ってみたいです。
Commented by nama3 at 2010-08-28 05:51 x
 旅情を誘う写真のかずかす、九州もこうして見せていただくと
色々な表情がありますね。太平洋側と東シナ海側でも違うし
山と海は、九州独特のものを感じます。やはり何時か、ぐるっと
回ってみたいと思います。
Commented by 伊奈やっちゃん at 2010-08-28 16:28 x
momoyoさん鵜戸神宮には新婚旅行で行きましたが、なんだか海の
近くに有った事と、素焼きの盃みたいなものを崖の下を投げたこと
ぐらいしか覚えていません。改めてその旅行で行った先を訪ねてみ
たい気がします。ととろの件については文中の「ととろのバス停」
をクリックしてみてください。あのバス停は今も本当にバスが止ま
ります。
Commented by 伊奈やっちゃん at 2010-08-28 16:46 x
nama3さん九州はなかなか良い処が有ります。自分でもびっくりし
ています。帰省するたびに、この歳になって初めて行ける所や、子
供の時に親に連れられて行った所を再訪問して、新たな感動を貰っ
ています。自分でも行ったことが無いところが沢山あるのに、人に
薦めるのもおかしいですが、何時かと言わず、時間をとってじっく
りと回ってみてください。感動も、フォトジェニックな被写体も沢
山有りますよ。


<< 玉川上水と残堀川が交差している?      子供たちが帰る(東京・仙台) >>