FX-SystemでDSLR再々出発

yattchan.exblog.jp
ブログトップ
2010年 05月 22日

勝沼ハーブ園と塩山温泉日帰りの湯

20日(木)今日の東京の天気予報は雨、曇り間もある。山梨の天気予報は曇り、かみさんからの写真撮影リクエストに応える為に、山梨曇りを信じて出かけた。
朝7時少し過ぎに出発し、中央高速で途中談合坂SAに立ち寄り、勝沼に降りた時は8時過ぎ
近くのお寺に立ち寄り時間調整して、ハーブ園へ9時少し前に着いた。
駐車場に車を入れて待っていると9時に開園、不思議なことにこの時間になると、雲の間から日が差し始め、晴れて少し暑いぐらいの天候になった。かみさんの「私は晴れ女説」を久しぶりに聞かされながら、2時間程ハーブ園・バラ園・温室で写真を撮り、11時半位にハーブ園の食堂で昼食を済ませた。
12時位にはハーブ園を出て塩山おんせんへ、何も調べていなかったので旅館へ電話を入れて
日帰り入浴ができるか確認した。廣友館という旅館で日帰り入浴ができた。
旅館の女将に写真を撮りに来た話をすると、バラの花をフェンスに絡ませたとても良い処があるので、風呂からあがるまでに案内図を作っておいてくれるという。
お湯はアルカリ性なのかとてもつるつるして軽い感じの泉質でした。
出がけにバラの場所を説明してくれ、玄関まで見送ってくれ、内のかみさんと女将が花の話で盛り上がり出発が少し遅れた。
バラの場所まで40分位かかった。見事な規模のバラではあるが、車で前を通りながら見たり、全体的に見るには素晴らしいが、花の撮影には少し不向きな(花以外のものが一緒に写ってしまう)場所と花の仕立て方であった。


a0110794_4333786.jpg

E-3
7-14 / 4.0

a0110794_434417.jpg

E-620
18-180 / 3.5-6.3

a0110794_4342849.jpg

E-3
7-14 / 4.0

a0110794_4345080.jpg

E-620
18-180 / 3.5-6.3

a0110794_4351411.jpg

E-3
7-14 / 4.0

a0110794_4353567.jpg

E-620
18-180 / 3.5-6.3
ポップアート  レストンのガラス越しにシャンデリアが写り込む

a0110794_4355531.jpg

E-3
7-14 / 4.0

a0110794_4361771.jpg

E-3
7-14 / 4.0

a0110794_4364312.jpg

E-620
18-180 / 3.5-6.3

a0110794_437269.jpg

E-3
7-14 / 4.0
[PR]

by ina-someya | 2010-05-22 04:48 | Comments(6)
Commented by at 2010-05-22 07:25 x
みなすばらしい写真ですね!! なんか7-14にとりつかれたみたいですね!!
Commented by momoyo at 2010-05-22 20:36 x
奥様が大好きなバラのシーズンがいよいよ来ましたね。素晴らしくきれいですが虫がつきやすいのでこれだけ立派に咲かせるのには大変な手間隙がかかっていることでしょう。木の幹に変なものが写っていたので説明を読んで納得。面白いですね。又新兵器登場かと思いました。奥様の写真をリクエストします。
Commented by 伊奈やっちゃん at 2010-05-23 06:06 x
とんちやんさん お早うございます。
標準が7-14になるように、ずっと使い続けるつもりになつて
います。
Commented by 伊奈やっちゃん at 2010-05-23 06:20 x
momoyoさん そうなんです、バラのシーズンになると、
自分で育てているバラの手入れや、写真撮りのほかにあち
こちのバラ園に連れて行けとうるさくなります。
私も嫌いではないのであちこち付き合っています。
かみさんの写真は、オリンパスのE-620で撮った写真です。
フェンスに育てているバラは、もうちょっと早い時期に行け
ば良かったと思われます。
Commented by nama3 at 2010-05-23 13:35 x
こんにちは。
ご夫婦で同じ趣味をもたれて良いですね。ちょっと羨ましいです。
今回のでは7枚目が好みです。写真も良いですが、この着眼点が
素晴らしい。勉強になります。
 「俺はバラは撮らない」とは、昨年、受講した並木隆先生の言葉で
す。理由は、難しすぎる事らしい。確かに難しいです。でも、私は、諦
めない(笑)。チャレンジを続けたいと思っています。
Commented by 伊奈やっちゃん at 2010-05-23 23:16 x
nama3さん趣味を同じにするために、結構最初は苦労しまし
た。でもレンズの購入などのとき、訳の分からない反対はさ
れずに済みます。
バラは素材が奇麗なだけに、すぐに良い写真が撮れて好きに
なりますが、それ以上を求めても足踏み状態で、どうしても
一線を越えた絵ができません。
かみさんに誘われると何時でも一緒に行きますが、もう何千
枚も撮っていると思われますが、記憶に残っているのは数枚
です。


<< 東京家政大学オープンスクール実...      本年度も新学期が始まる「東京家... >>